日本は災害の多い国です。地震、台風、洪水、竜巻、津波、山崩れ、落雷、豪雨、暴風など、本当にあらゆる災害がいつ、どこで起きても不思議はないくらいです。
日本の地勢がそのようになっているからですが、この日本だからこそ、地球上のこの一打からこそ、四季があり豊かな水があるのです。そこに住み続けた日本人はこの災害と共に暮らして生きてきました。
大きな災害にあった時、それに大きく抵抗するのではなく、その災害の中をどう生き延びるか、どうその被害を少なくすることができるかを考え抜いて、しなやかに知恵を出して生きてきたのです。大きな災害の前に人は無力です。圧倒的な力に敵うはずはないのです。それぞれの地でそれぞれの暮らしにあった方法で、at your own risk で乗り越えてきました。それは暮らしに根ざしたものでした。数千年に一度のものもあり、数百年単位で起きるものがあるかもしれないけれど、短い人の命の中でよりよく生きる方法を工夫して、それを後世に伝えています。津波の地域では、「ここより下に家を建てるな」という石碑を立てたり、洪水が起こると思われる地域では軒先に船を吊しておいたり、津波の時は「てんでんご」で逃げるようにと言い伝えたりしました。

私自身の体験としては、何の備えもなく阪神淡路大震災にあいました。関西には大きな地震は来ないと言われていて、そう思いこんでいたからです。歴史を紐解けば、大きな地震が何度も起きていろいろな古文書にも書き記されているのに、身近な先祖が生きていた時代が平和だったので記憶が薄れていったのでしょう。
生活に便利な場所にあった実家は、ドミノのように倒れて来た家に倒されてしまいました。
そこに一人暮らしをしていた母は、80歳を超えて自分の生きていた証の財産を一瞬にして失いました。震災後に母に建てたバリアフリーの家の10畳の中に納まるものだけが残ったのです。当時、私は48歳でしたから、無我夢中で暮らしを再建することができました。でも、人生の終盤期の母にとっては、もう一度依然と同じように暮らすためにはもう時間がありませんでした。でも、母は失ったものを嘆くのではなく、100歳まで母なりに穏やかな暮らしを送り、本当に天寿を全うして苦しむことなくこの世を去りました。
何の備えもなく起こった阪神淡路大震災で私たち家族も大きな被害にあいました。一番の危機が娘を襲いました。あの凄まじい揺れによって、備え付けの戸棚の中の物がすべて娘の体にのしかかり、息が止まってしまったのです。本当に偶然にも、他の家族には何事もなく無事で、娘はすぐに心肺蘇生術をすることができて、後遺症もなく助かりました。これは、震災の2年前に兵庫県が行っていた心肺蘇生2万人運動に参加し、近所の小学校で実際の訓練を受けていたからこそとっさにできたことです。
その娘が震災20年目の1月17日に産気づき18日の未明に女児を出産しました。母から私、娘から孫と命がつながった瞬間でした。災害に何の備えも考えていなかったけれど、何にもない時に心肺蘇生の実習をしていたからこその結果です。

大きな災害が来たからと言って、急に賢くなんてなりません。いつもの暮らしの延長線上にあるのが人生なのです。大きな災害にあったとしても、命を失わなければ何とでもなります。とにかく、いろいろな困難はあったとしても、命が助かることを最優先にして災害を乗り切りましょう。生きてさえいれば、災後の人生はあるのです。物は一時の通過するもの、無くなった時はそんな時として受け入れましょう。
大きな災害で失うのは日々の平穏な暮らし、その暮らしを取り戻すのが復興です。橋ができても建物が再建されても、日々の暮らしがみんなもとにもどらなければ、それは復興とはいえません。いつものように買い物に行き、いつものようにごはんを作る、ゆっくりお風呂に入る暮らしになることが、災害に負けないで生きることなのです。
災害は一日か二日、ほんの短い時間です。でも、そこに生きる人にとっては、失われた日常をとりもどすための長い時間が必要なのです。とりもどすべき日常であるとすれば、何を備えたらよいかは日常を基準に考えればよいのです。日常に全く必要を感じないものは実は災害時にもいらないものであることが多いのです。
「備えは日常にあり」、今の暮らしの中での防災、減災こそが大事だということが、阪神淡路大震災の後の暮らしの中で分かってきました。本当に手痛い試練ではありましたが、いきなり放り込まれた状態の中で命が守れる、命を守る知恵を学びました。その色々を、来るべき災害に生かして、みんなで助かりたいのです。この本に書いてあることは、机上の空論ではなく、大きな災害に遭遇して初めて分かったこと。それは、日本に住む人々にとって、きっと役立つものであり、役立てて欲しいと願っています。
そして、災害によってあとの人生の歩みが止まってしまうこともあるのです。「もし、私があの時にあの子をあの場所に寝かせなければ死なずにすんだのに」「あの時、手を離さなければ」とどうしようもないことであったとしても後悔の思いが、災後生きられなくしてしまうのです。災害は本当に理不尽なものです。なぜうちなの? なぜあの子なの? と決して納得のゆくものではありません。
でも、それを乗り越えて生きていくために、「今、自分のできることはみんなした」と思うことができれば、災害の理不尽さにも何とか折り合いをつけることもできるのです。どうぞ、そのためにこの本に書いていることの一つだけでも実際に備えてみてください。
あなたの暮らしの中に、ちょっとだけでも、命を助けるすべを取り入れてくださることを願っています。

阪神淡路大震災後22年後の神戸にて
坂本廣子