今回、皆さんにお贈りするのは、競馬の必勝アイテムとして人気の高い日刊コンピ指数を題材にした決定版ともいえます。もちろん、私の信条である「大穴馬券」を奪取する方式になります。
 私自身の著書では、『日刊コンピ超大穴配列Dコード』及び『日刊コンピ感動のお宝ゾーン』に続いてのコンピ指数を使った第3弾となります。
 この2作は、私にとって愛着のある著書ですが、それぞれの良さを生かしたものを編み出したいと試行錯誤を繰り返した結果、「大穴馬」を1頭のみ選出可能な法則を発見しました。
 1頭が判別できれば、馬券はほとんど的中できます。最悪でも、その1頭から総流しをかければよいわけですから……。
別の面からいえば、8種類あるすべての馬券式別に対応可能というわけです。とりわけ、高配当必至の3連単への布石を打てることになり、100万馬券も夢ではなくなります。
 私はダヴィンチ・クラブという競馬&パチンコの攻略研究会を主宰していますが、発表するいずれの方法でも一貫している主義があります。
 それは(競馬においては)、条件ともいえるものです。
 第一条件として、簡単であること。いくら大穴馬券が獲れるとしても、複雑な計算が必要であるような代物では机上の空論となってしまいます。
 第二条件として、予想に時間がかからないことです。第一条件とも関連づけられますが、当日にオッズを何回も取得しなければならないような方法では、ウインズや競馬場で直接馬券を購入する人にとっては煩わしいでしょう。今回皆さんに紹介する方法は、1レースあたり、予想時間は約1分間以内です。
 第三条件として、儲かることです。実際に儲からなければ、まったく意味がありません。競馬を行なう大多数の人がその目的を持って挑んでいるはずです。
 第四条件として、誰がやっても同じ買い目を選出できることです。「穴馬」の選出はもちろんですが、方式に則って馬券を購入すれば誰でも同様に「大万馬券」が獲得できるということです。 
 以上4つですが、今回はそれを証明するためにも、私自身が馬券を購入したものをところどころ公開していきたいと考えています。つまり、本書執筆と並行して馬券を購入していこうという企画でもあります。
 実践編では、私がなぜその馬を選び、その馬券式別を選んだのかポイントを説明していきたいと思います。皆さんの参考になれば幸いです。