今回、皆さんに紹介するのは、簡単に大穴馬券を獲る方法です。
 簡単に、ということは誰でも獲れるという意味でもあります。競馬初心者でも、ベテランでも問題なくOKです。
 私の考える馬券術は徹頭徹尾、大穴にこだわっています。
 それは高配当を狙えば一番儲かる、という持論があるからに他なりません。
 確かに低配当=本命馬券に近付くにつれ、的中確率は上昇していきます。
 本命馬券が好きな人はたくさんの馬券を的中させたいからかもしれません。的中率が高いということは安心感にも繋がりますから、少し納得できないわけではありませんが……。
 しかし、本命サイドの馬券は少点数で獲れないかぎり「獲りマイ」になってしまい、なかなか儲けに結びつかないのが現状ではないでしょうか。
 一方、なかなか大穴馬券に手を出せないのは、的中確率が低く、狙いにくいと考えている人が多いと思います。
「万馬券を狙いたいが、どの馬を買えばよいかわからない」という人もいるでしょう。
 あるいは「迷ってしまう馬が多く、点数が絞りきれない」「どんなレースが荒れるか見当もつかない」という意見もあるでしょう。
 私は、そんな皆さんの大穴恐怖症を解消すべく、日夜研究し続けています。何より、自分自身、馬券で稼ぐためには熱心に研究することが最上の道だと考えているからです。
 そもそも投資活動には「リスク」が常に付きまとうもの。ローリスクローリターンでは、馬券を購入する意味が見いだせないのではないでしょうか?
 考え方は人それぞれなので一概には言えませんが、少なくとも本書を手に取ってくださった皆さんは高配当を獲りたいと思っているはずです。
 競馬に絶対はありませんが、多くの大穴レースを検証することにより、かなりの頻度で的中可能な「パターン」を見出せます。それが私の使命であり、研究テーマでもあります。
 今回は、非常にシンプルで、スピーディに「大穴馬」を見つけ出す方法が発見できましたので、皆さんに真っ先にお知らせしたくて執筆しました。
 予想は競馬専門紙、スポーツ紙を問わず普段購読されているもので構いません。予想時間も慣れれば約1分間。出馬表も2走分あればいいのでメリットが大きい馬券術と言えるでしょう。高配当奪取への道のりの第一歩は、「大穴馬」を見つけること。そして、買い方もポイントのひとつです。
 せっかくの「大穴馬」を見つけても買い目の組み方や馬券式別で間違えてしまい、高配当を取り逃がしてしまってはとても悔しい思いをします。
 本書では「馬単」「馬連」から始まり、もちろん「3連単」へと発展させていきます。
「3連単」は超高配当の可能性があり、大変魅力的ではありますが、裏を返せば、難解で点数も多くなりがちです。
 ハイリスクハイリターンが「3連単の正体」なのです。まずは「馬単」「馬連」を見直し、簡単に高配当を奪取していく方法を伝授していきます。
 なにより「馬単」を獲れずして「3連単」は獲れないということを理解しておかなければなりません。「馬単」の延長線上に「3連単」はあるのですから。
 そして「3連単」―それも高回収率(10~50万馬券)への道を切り開きます。わずか30点買いで獲れる方法を解説していきます。
 前置きはさておいて、さっそく大穴馬券への扉を開きたいと思います。