WINS後楽園の帰り道は、神田川を渡る後楽橋。
いつも神田川の風を感じながら思うのです。 私は生きているんだなと、そして、いつかこの風を感じられなくなる時がくることを思うのです。
女として生まれてきたけれど、これと言っていいことはなかった。
歩きながら思うのです。
私にはなにかが足りない。
なにかが違うような気がするのです。
いえ、もしかしたら足りないのではなくて、気づいていないだけかもしれない。
それを探すためにも、筆をとり、自分を書いて、振り返ってみることにしたのです。