競馬予想には様々なアプローチがある。その中から私が血統というファクターに注目したのは「分析が遅れている」から。
 世に出回っているあらゆる血統に関する馬券術を見ると、正直、分析が雑に思える。明らかに骨格や筋肉量などが違う牡馬と牝馬を分けていないし、それぞれの適性を判断する指標としても、回収率だけを用いているのがほとんどだ。
 私が考案した「Sメソッド」では、各種牡馬のデータを性別に分析しているし、各コースへの適性を示す指標としても、各種牡馬ごとの基礎能力を加味した「Sメソッドランク」というものを用いている。Sメソッドランクは各種牡馬産駒のコースに対する適性を正確に表しているので、前走の人気と着順を絡めることで各馬の「個」を分別することができ、それぞれの「馬券妙味」を知ることができるのだ。
 そして、その使い方も簡単。
 血統を用いた予想といえば、系統を覚えたり、血統表を見たりと難しい印象があると思うが、本書で見るのは各馬の父馬の名前と性別、前走の人気と着順だけ。それらを決められたルールで色づけしていくだけで、誰がやっても簡単に買うべき馬が浮かび上がってくるのだ。
 競馬という種目はJRAとの戦いではなく、周りのファンとの戦い。強い武器をもって戦えば、当然その戦いは有利に運べる。血統というのは非常にメジャーな予想ファクターではあるが、正しい分析をすれば、今までの血統馬券術とは一線を画した新しく強力な武器となり得る。その新しい強力な武器を使えば、周りとの戦も有利に運べる。すなわち、競馬で勝っていくことができるのだ。
 近年はパソコンや分析ソフトの普及で年々競馬ファンのレベルも上がってきている。公営ギャンブルの中では最もファンの予想レベルが高いだろう。
 そのような戦場で勝ち抜いていくためには他人と同じ武器で戦っていてはいけない。今、この本を手に取っているあなたはそのことを分かって強力な武器を探しているのだと思う。
 そんなあなたが本書に出会えたのは非常に幸運だ。簡単かつ最強の武器を、あなたは手に入れたのだから。