プロローグ
 出会い
 結婚へ

第1章 衝撃だらけの妊娠生活(第4週~第9週)
 1.ついに妊娠!?
 2.エコーに映った”まっくろくろすけ”
 3.双子だと、ここで産めないの?
 4.なかなか病院が見つからない
 5.「うちで出産可能ですよ」

第2章 衝撃だらけの妊娠生活(第11週~第14週)
 1.2週間後、エコーに映ったのは……
 2.3つの母子手帳
 3.パパも楽しみに待ってるよ
 4.お腹に三つ子がいるという現実
 5.A病院からの呼び出し

第3章 衝撃だらけの妊娠生活(第15週~)
 1.可能性はほぼゼロ…ドウシマスカ?
 2.俺は、三つ子の顔が見たい!
 3.出産でも死産でも”学会発表もの”
 4.両家の話し合い
 5.母体のリスク

第4章 もう、後戻りできない
 1.賭け、そして選択
 2.今日、退院してください
 3.高橋先生
 4.2007年9月6日……一生忘れない日

第5章 追い討ち
 1.そのとき……私は泣いてしまった
 2.職場復帰と腎臓病
 3.忙しすぎる夫
 4.妊娠したいから……腎臓病との闘い
 5.裏切りの証拠

第6章 終わりと始まり
 1.限界の私と、夫の本音
 2.離婚成立
 3.傷つくニュース
 4.新たな一歩
 5.再婚、そして妊娠

今伝えたい5つのこと。
 1.ハイリスク妊娠は誰にでも起こりうること
 2.妊娠・出産はできるだけあとまわしにしないほうがいい
 3.妊婦健診には、絶対にきちんと行ってほしい
 4.受け入れ態勢の問題~私たちが行政に働きかけるべきだということ
 5.産後のフォローやケアの充実も少子化対策の一部であること

最後に