第6回 病院に行くべきときは?

ママ

毎月第2木曜更新!

 師走ですね。この時期になると、風邪をひく子が増えてきます。今日は、お子さんがどういうときは家で様子を見ていても大丈夫、どうなったら受診するかという話です。年末の帰省先や旅行先での場合についてもふれますから、ぜひ参考にしてくださいね。

 まず、たとえば咳や鼻水はあるけれどひどくない、便が緩いけれどお腹は痛くないなどのように本人もつらそうでなければ、必ずしも受診しなくてかまいません。のどや鼻の風邪にせよ、おなかの風邪にせよ、ウイルスによる感染症であることがほとんど。こういったときに出される薬は、対症療法の薬です。症状を和らげることが目的で根本的な治療ではないので、薬をもらっても早く治るわけではありません。風邪のときは、何よりもゆっくり休むことが大切です。 

ただし、以下のような場合は早めに小児科を受診しましょう。

【1】生後6か月までの赤ちゃんが発熱しているとき
発熱というのは、小児では37.5℃以上のこと。もちろん、ただの風邪ということもありますが、小さければ小さいほど症状が少ないので、髄膜炎や肺炎を起こしていることがあるのです。ただし、入浴や授乳の直後、激しく泣いているときなどに測った場合は、発熱ではない可能性があります。本当に熱があるなら、薄着にしても時間をおいても下がりませんから、薄着にして涼しいところで様子をみてから計り直しましょう。下がったら、急いで医療機関に行く必要はありません。

【2】生後6か月までの赤ちゃんの哺乳量が普段の半分以下のとき
母乳またはミルクをしっかり飲めている場合、新生児(生後1か月まで)だったら、1日に10回以上おしっこが出ます。それが6~7回だったり、それ以下だったりしたら十分に飲めていません。月齢が大きくなると1日の排尿回数は減って行きますが、いつもの回数の半分以下だったらやはり心配です。生後6か月までは、たとえ離乳食を始めていても少量で、母乳やミルクからしか水分や栄養を摂れていません。つまり、哺乳量が減ると脱水や低血糖になる心配があるのです。

【3】お子さん自身がつらそうで、いつもと様子が違うとき
生後6か月以上のお子さんの場合は、お子さん自身がつらそうなとき、つらそうなのに原因がわからないとき、ご両親が「いつもと様子が違う」と心配に思ったときなどに医療機関に行きましょう。いつもそばにいて見ている保護者の勘はけっこうあてになるんです。 
特に平日の日中なら、念のため受診してもいいですね。なぜなら夜間や休日になって急に心配になる人は多いからです。また、救急外来を受診するとしても、時間外にやっているところ自体が少ないうえに混んでいる場合も多く、待っている間に感染症がうつってしまったり、よけいに具合が悪くなったりしてしまうこともあるからです。

 夜間や休日に受診を迷う場合は、お子さんが眠れないくらいつらいかどうかを指標にするのもいいかもしれません。「一度吐いたけど、その後は眠れている」とか「咳をしながらも起きてこない」という場合は様子をみてもいいでしょう。「熱が高いのがつらそうなだけ」という場合は、家に解熱剤があれば直ちに医療機関に行く必要はありません。
 休日の日中や夜でも早めの時間に「解熱剤があればいいんだけど」「喘息で吸引さえできたらラクになりそう」などというときは、自治体のホームページで公表されている当番医(順番で休日や夜間に診療をしているクリニック)に行くといいでしょう。
当番医がやっていない時間帯で「何度も吐き続けている」とか「ゼイゼイして座っているほうがラクで横になって眠れない」などというとき、または重い症状があるときは、時間外窓口や救急外来、夜間診療のある病院にかかりましょう。近くに大きな病院の救急外来がある場合や救急指定病院がある場合は、直接電話してみてください。長く痙攣している、意識がないなどの場合は、救急車を呼びましょう。
受診するかどうか、救急車を呼ぶかどうかなどで迷った場合は、多くの自治体で設けている救急相談ダイヤル(東京都なら#7119)、また全国統一の小児救急でんわ相談(#8000)に電話してみてください。
こういうときのために、日頃からお住いの市区町村の広報紙やホームページで、夜間や休日にやっている医療機関を調べておくことも大切です。また、夜間や休日は人員の配置が少ないので、できる検査も出せる薬も少ないということは知っておいてくださいね。
(こちらも参考に→朝日新聞アピタル『小児科医ママの大丈夫!子育て』子どものケガ病気、なんでも小児科?)。

最後に、年末年始の旅行先や帰省先ではどうするのがいいでしょうか。
まず、自宅の市区町村から離れると乳幼児医療券はたいてい使えませんから、保険証と母子手帳、お薬手帳を持って行くことをお忘れなく。小さい子は出生時のエピソードが大事なことがありますし、母子手帳があればワクチン歴も確かめられます。お薬手帳があれば、治療経過の一部がわかり、薬の重複を防ぐことができます。それと常用している薬がある場合は、必ず持っていきましょう。休みが長い場合は、かかりつけの医師に相談して少し多めに処方してもらってもいいでしょう。
旅行でホテルや旅館に滞在する場合、緊急時に連れて行ってくれる医療機関は決まっているはずです。何かあったらフロントの人に相談しましょう。旅行でコンドミニアムなどを借りる場合や帰省の場合は、事前に行き先の近くの小児科、夜間や休日にやっている病院を探しておくと安心です。帰省なら、ご実家の人たちがどこを受診しているかを聞いておくのもいいと思います。
なお、海外旅行の場合、日本の健康保険は使えませんから、大人はもちろん、お子さんも医療保険に入りましょう。何千万円もの治療費がかかってしまう場合もあるので、絶対に忘れないようにしてくださいね。

子どものケアについての疑問、大募集!
ふだん疑問に思っていること、知りたいことなどありましたら、ぜひこちら(all@metamor.co.jp)までメールをお寄せください。全てに回答することはできませんが、可能な限り、この連載上でお答えしていきたいと思っています。
※個別にお答えすることはできません。

著者プロフィール

森戸やすみ(もりと・やすみ)

1971年東京生まれ。
1996年私立大学医学部を卒業し、医師国家試験に合格。一般小児科、NICU(新生児集中治療室)などを経て、現在は市中病院の小児科に勤務。

著書

育児の不安

らくちん授乳

育児の不安
各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと
【はじめに】はコチラhttp://www.metamor.co.jp/maegakipage/kodomowomamoru/

第5回 どんなサイトを見たらいいの?

ママ

毎月第2木曜更新!

 前回の「子育てサイトに気をつけて!」では、インターネット上のおかしな記事の見分け方について書きました。でも、いちいち裏を取ったり確認したりするのも大変ですから、「信頼できるサイトはあるの?」「どうやって探すの?」ということを知りたいですよね。
 誰が書いたのか/取材や監修の依頼をしているかどうかはとても大切ですが、その点、公的機関のサイトは安心です。その分野の、他の専門家からも信頼の厚い人たちが書いています。データに関しても出どころが確か。そこで、子育て中に役立つものをいくつか挙げてみます。

◆内閣府
「結婚・妊娠・出産・育児の切れ目ない支援」
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/kiremenai/link_list/index.html 
これは内閣府がまとめたもので、「妊娠に備えて」、「妊娠中に知りたいこと」、「出産について」、「育児について」の4つに分かれていて、それぞれ信頼できるリンク先が載っています。子どもがほしいと思ったときから、すぐに役に立つリンク集です。難点は、文字ばかりでとっつきにくいこと、知りたい情報の検索がしづらいことですが、一度見てみましょう。

◆消費者庁
「子どもを事故から守るプロジェクト」
http://www.caa.go.jp/kodomo/ 
手作り感のあるサイトですがアイキャッチ画像も多く、文章も読みやすいのでおすすめです。どの月齢でどういう事故が多いのか、事故が起こった際にはどう対応したらよいのかがまとめられています。悲しい事例、もう少しで大惨事になり得た事例をみんなで共有すると繰り返さずにすみます。「子ども安全メール」に登録すると、主に0歳から小学校入学前までの子どもの事故を防ぐための注意点などの情報が週に1回、無料で届きます。

◆国立感染症研究所
http://www.nih.go.jp/niid/ja/ 
感染症については、このサイトを参考にしましょう。話題の麻疹やジカ熱、定期予防接種になったばかりのB型肝炎などについても詳しく載っています。また、疾患名または感染源や特徴から感染症の情報を検索することもできます。

◆国立成育医療研究センター
「病気に関する情報」
https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/index.html
感染症以外の病気、薬に関する疑問についても知ることができます。
「妊娠と薬情報センター:授乳と薬について」https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/ 
授乳中に「安全に使用できると思われる薬」、反対に「授乳中の治療に適さないと判断される薬」についてわかります。お母さんだけでなく他のご家族、医療関係者にも知っておいていただきたい情報です。

 このほか、各種学会のガイドラインや提言、一般の方向けのページも読んでおくと役立つと思います。

◆日本小児科学会
「ガイドライン・提言」
https://www.jpeds.or.jp/modules/guidelines/index.php?content_id=27
予防接種のスケジュール、同時接種についての考え方、ホメオパシーへの対応など、学会の考えなどがわかります。また、サイト内検索で特定の項目も調べられますし、一般の皆さまへというページも役立つことがたくさん。

◆小児科学会監修「こどもの救急」
http://kodomo-qq.jp/
夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうかの判断の目安を提供しているサイトです。アプリもあるので、迷ったらぜひ見てください。

◆「こどもの便秘の正しい治療」
http://www.jspghan.org/constipation/kanja.html
日本小児栄養消化器肝臓学会と日本小児消化管機能研究会が共同で作成した便秘治療のガイドラインがとてもわかりやすくまとめられています。便秘は身近なだけに困る人は多いけれど、医療者によって言うことが違ったりすることもあるので、こちらを確認してみましょう。

◆日本医師会
「白クマ先生の子ども診療所」
http://www.med.or.jp/clinic/
主に急な事故やケガ、病気などの対処方法がわかるサイトです。「ドアや窓などに指をはさんでしまった」「おなかのあたりを痛がっている」などの状況から検索することができます。

◆日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/index.html
上記トップページを開いて、「一般市民の皆様」を開くと出てくる「皮膚科Q&A」で、虫さされからヘルペス、とびひなど様々な皮膚の病気について詳しくわかりやすく解説されています。

◆日本小児歯科学会
「子どもたちの口と歯の質問箱」
http://www.jspd.or.jp/contents/main/faq/index.html
成長段階別にわかりやすいQ&Aが掲載されています。たとえば、「3歳の子どものすきっ歯が気になる」という質問に対して、永久歯が生えるために隙間があるほうが正常であるという返答が載っていたりして、気になる疑問が解消するかもしれません。

◆日本小児外科学会
「小児外科で治療する病気」
http://www.jsps.gr.jp/general/general/disease
切る、縫うなどは小児科でなく小児外科が専門。また、知っている人が少ないのですが、小児外科の医師は消化器に詳しいんです。よく吐く子は胃軸捻転かもしれませんし、お尻にできているものは肛門周囲膿瘍かもしれません。その他、鼠径ヘルニアや陰嚢水腫、虫垂炎、腸重積などの小児外科で治療する病気と、その特徴などが詳しくわかります。

◆KNOW☆VPD
http://www.know-vpd.jp/index.php 
ワクチンに関しては、このサイトが最も読みやすく網羅的です。「受ける必要があるの?」に始まって「同時接種ってどうなの?」「どの順番で受けたらいいの?」などのよくある疑問にもわかりやすく回答してくれています。「予防接種スケジューラー」というアプリもあるので、ワクチンのスケジュール管理におすすめです。

 インターネットで情報を集める場合は、まずは以上のような公的機関、学会などのサイトを見てみましょう。個別の疾患についても、各学会HPでのサイト内検索がおすすめです。ブラウザや一般のYahoo!検索、Google検索では前回お話ししたように、ページビューだけ多い変なサイトばかりヒットしてしまうのでご注意くださいね。

>>>>>>>>子どものケアについての疑問、大募集!
ふだん疑問に思っていること、知りたいことなどありましたら、ぜひこちら(all@metamor.co.jp)までメールをお寄せください。全てに回答することはできませんが、可能な限り、この連載上でお答えしていきたいと思っています。
※個別にお答えすることはできません。

著者プロフィール

森戸やすみ(もりと・やすみ)

1971年東京生まれ。
1996年私立大学医学部を卒業し、医師国家試験に合格。一般小児科、NICU(新生児集中治療室)などを経て、現在は市中病院の小児科に勤務。

著書

育児の不安

らくちん授乳

育児の不安
各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと
【はじめに】はコチラhttp://www.metamor.co.jp/maegakipage/kodomowomamoru/

                   【専門医ママシリーズ、電子版も出ました!】
コチラから購入できますhttp://amzn.to/2fAAZN9

第4回 子育てサイトに気をつけて!

ママ

毎月第2木曜更新!

 子どものいる方は、家事に子育て、人によっては仕事も並行してやっているから、時間がいくらあっても足りません。だから、子どものケアについての情報収集はスマホでするという人は多いでしょう。そして、スマホで検索して上位に出てくるものを参考にしてしまうかもしれません。
 ところが、検索すると上位に表示されるのは、でたらめな記事の多い子育てサイト・ママ向けサイト・健康サイトなどです。正しい情報から順に表示されるわけではありません。
特にコラムサイトをまとめたキュレーションサイトには、間違った情報があまりにもたくさん掲載されています。情報を精査するなどのコストをまったくかけずに、センセーショナルな記事でPVを稼げば、儲かるからでしょう。
 では、おかしな子育て情報に引っかからないようにするには、どうしたらいいでしょうか。ネット検索しないというわけにはいかないでしょうから、わかりやすい2点をあげてみます。

【1】誰が書いたのか/取材・監修を依頼しているかをチェック
 たとえば、よく「母乳にはお母さんの食べたものがダイレクトに出る」、「粉ミルクを飲んでいるとIQが低くなる」などという記事があります。しっかり読んでみると、専門家に取材も監修も依頼していなくて、根拠を示してもいない主観だけの記事だったりします。
 これらのサイトの多くには、「ママ(パパ)ライターになりませんか?」というような募集がよく掲載されています。つまり、ライターとしての経験を積んでいない人が記事を書いているわけです。それでも記事の内容が、子育て体験記やお出かけスポットなどのことならいいかもしれません。
 でも、健康に関わる記事は、アルバイト感覚で気軽に書いてはいけません。うっかり「予防接種は受けずに、感染症になった子から移してもらおう」というような記事を書いてしまって、どこかの子が合併症に苦しんだり、後遺症が残ったりしたら誰が責任を持つのでしょうか?
 ですから、まずはどういう人が書いているのかを確かめましょう。素人のライターさんが、ネットの情報や画像を拾ってきてまとめたものだったら信用してはいけません。書いた人の署名があって、所属や経歴がきちんとあって、ライターさん自身が専門家であるか、または専門家に取材や監修の依頼をしていれば一考の価値ありです。が、それでも安心できません。

【2】誰に取材・監修を依頼しているかをチェック
 次に、その取材や監修の人選はどうかをチェックしましょう。その専門家は、その分野で多くの同業者から支持されているでしょうか? はっきりした根拠を提示しているでしょうか? 専門家の資格はあっても、根拠もなくただ極端なことを言っている人たちもいます。
 たとえば先日、あるママサイトに、医者が書いた本をもとに「赤ちゃんへのビタミンK投与」を否定するような記事が掲載され、多くの医療関係者や一般の方たちから批判が殺到し、記事が削除されるということがありました。
 出生後すぐの赤ちゃんにビタミンKを与えることは、とても重要です。ビタミンKは、胎内でお母さんからもらいにくく、母乳中にも少なく、赤ちゃん本人が作ることも難しいからです。乳児期早期にビタミンK欠乏症になると、8割以上の子が頭蓋内出血を起こします。こういったことは基礎研究・臨床研究でわかっており、ビタミンK製剤の効果が高いという国際的なコンセンサスもあるのです(※1)。ビタミンK投与などを真っ向から否定する医者がいたら新鮮に思えるかもしれませんが、あまりにも危険です。
このように記事の内容によっては人の命にも関わります。他の専門家が言う以上の科学的な根拠を示せない突飛な意見には従わないようにしましょう。

 このような子育てサイトで、子どもに健康被害が出かねない記事を見つけ、運営会社に苦情のメールを送ったこともありますが、検証したり訂正記事を出したりすることはなく、あっさり記事が削除されるだけでした。
 そのほか、「さまざまな意見を載せる方針なので」と答えたサイトもありました。しかし、両論併記すればいいというものではありません。「一般的な根拠のある説」と、「極端な根拠のない説」を同等の正しさがあるように載せて、いろんな意見があると言い逃れするのはおかしなことです。 では、編集という職業がある意味は、メディアとしての責任はどうなるのでしょうか?

 「病院での出産、助産院、自宅、どれもチョイスだよね」ではないのです。現代では圧倒的に病院での出産が多く、自宅分娩の減少とともに乳児死亡率は激減しました。当然ですが、これは赤ちゃんが丈夫になったのではなく、医療が発達し、病院での出産で命を救えるようになったからです。助産院や自宅での出産について記事を書く場合には、どんなリスクがあり、緊急時にはどんな対応方法があるのかまで正確に載せないといけません。
 同様に、離乳食について「早ければ早いほどいい」「厚労省がすすめるように生後5~6か月頃からがいい」「遅ければ遅いほどいい」という説を同じ土俵に乗せてはいけません。以前、アメリカで離乳食を早く開始することが流行した結果、喘鳴を起こす子が増えたり、月齢が小さいうちは母乳やミルク以外のものはむしろ有害といったことがわかったりして廃れました。一方、1~2歳まで離乳食をあげずに母乳だけにすると、母乳性貧血や栄養不足になる危険性が高く、アレルギーの予防にもならないのです。ですから、確実に生後5~6か月からは離乳食が必要だという「事実」があるわけで、いろんな「意見(正解)」があるわけではありません。

 お子さんのアレルギーが心配なときに「離乳食を遅らせればアレルギーを防げる」という記事を見たら、信じたくなるかもしれません。予防接種を受けるなんて痛そう、同時に何本も打つなんてかわいそうと感じているときに「ワクチンはいらない」なんて記事を見たら、予防接種をしないでいることを正当化できそうな気がします。でも、願望と事実は違うものです。
 かわいいお子さんを守るために、突飛な説や目新しい説に惑わされず、ぜひ情報を選ぶ技術を身につけてくださいね。
※ 1 http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_110131.pdf

☆こちらの記事もぜひお読みください☆

ヨミドクター 宋美玄のママライフ実況中継
トンデモ情報の寄せ集め? コラムサイトにご用心
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161004-OYTET50042/?catname=column_son-mihyon

messy 
脅迫と無責任。育児系デマの温床「トンデモ・ママサイト」徹底比較、一番ヒドイのはどれ?
http://mess-y.com/archives/35876

子どものケアについての疑問、大募集!
ふだん疑問に思っていること、知りたいことなどありましたら、ぜひこちら(all@metamor.co.jp)までメールをお寄せください。全てに回答することはできませんが、可能な限り、この連載上でお答えしていきたいと思っています。
※個別にお答えすることはできません。

著者プロフィール

森戸やすみ(もりと・やすみ)

1971年東京生まれ。
1996年私立大学医学部を卒業し、医師国家試験に合格。一般小児科、NICU(新生児集中治療室)などを経て、現在は市中病院の小児科に勤務。

著書

育児の不安

らくちん授乳

育児の不安
各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと
【はじめに】はコチラhttp://www.metamor.co.jp/maegakipage/kodomowomamoru/